ご相談・ご依頼の流れ

当事務所にご相談、ご依頼頂く流れをご説明します。

まずはお問い合わせ

電話、メールでのお問い合わせだけでなく、LINE、Instagramでのお問い合わせも受け付けています。
お名前等をお伺いし、相談内容の概要をお伝え下さい。
ご来所頂く場合には、来所日時を調整し、予約をお取りします。
債務整理以外の事件の場合は、郵送契約も可能です。その場合には,電話などの適宜の方法で法律相談を実施します。

また、弁護士村林は、福祉職・行政関係者などの支援者の方からの相談もお受けします。詳しくはこちらをご覧ください。

電話でのお問い合わせはこちらです。

Tel. 03-6709-3638

メールでのお問い合わせはこちらです。

LINEでのお問い合わせはこちらです。

※QRコードで友だち追加ができない場合は
「@378rccvy」でID検索をして追加して下さい。

法律相談

お問い合わせ頂いた際に、ご来所いただく(または電話・ウェブ相談を行う)日時を調整し、予約をお取りします。
予定の日時に当事務所までお越しいただくか、電話・ウェブ相談のご準備をお願いします。

ご持参・ご準備頂く資料については、お問い合わせ頂いた際にお伝えします。
相談時に詳細をお伺いし、事件の見通しや弁護士費用などについて、ご説明します。
条件面で合意に至れば、委任契約書を作成し、内容をご説明の上、委任状と共に署名・押印をして頂きます。
これによって当事務所との委任契約が成立しますので、弁護士が活動を開始します。
ご予約の時間どおりに相談を実施しますので、到着が遅れる場合などはご連絡下さい。
当事務所へお越しの際は、アクセスのページをご覧下さい。Googleマップもご参照頂けます。

債務整理以外の事件で、来所が困難な場合には、電話・ウェブなどによる法律相談を実施します。
相談の際に、事件の見通しや弁護士費用などについてご説明します。
委任契約書や委任状を郵送いたしますので、署名押印をして頂いた上で、ご返送頂きます。
当事務所に委任契約書などを受領し、着手金等の入金を確認させて頂いた時点で、弁護士が活動を開始します。

事案によっては出張相談も行います。事前に条件等を調整させていただきますので、お問合せ下さい。

なお、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助制度や日弁連の法律援助制度を利用される場合、相談後、受任までの間に法テラス等による審査があります。この場合、審査終了後に契約書等を作成し、事件処理を開始します。審査には、住民票(世帯全員分、本籍・続柄記載、マイナンバー不記載)・給与明細など収入を明らかにする資料、立替金返済のために登録する通帳のコピー等が必要となりますので、必要に応じ、ご案内をさせて頂きます。書類提出後、数日から数週間で審査の結果が出て契約となります。

弁護士が活動を開始

当事務所との間で委任契約が成立した後に、弁護士が活動を開始します。
事件を進めるにあたり、必要資料の収集や、書面内容の確認などのために、随時、依頼者の皆様にご連絡し、コミュニケーションを取りながら事件を進めていきます。
裁判手続きなどの場合には、原則として、期日ごとに期日報告書をお送りします。

事件の終結

ご依頼頂いた事件が終結したとき、成功報酬、実費などの精算を行います。
また、お預かりしている資料の返却も実施します。
精算書を作成し、打ち合わせの際にお渡しするか、お送りいたします。
精算手続きが完了しましたら、当事務所との委任契約に基づく委任事務処理は、全て完結します。
この時点で、事件が全て終了となります。

当事務所のご案内

豊島区・池袋の弁護士 南池袋法律事務所
〒171−0022 東京都豊島区南池袋二丁目47−13 南池袋Mビル203
代表弁護士 柳澤圭一郎(第二東京弁護士会所属)
その他の事務所紹介につきましては、こちらのページをご覧ください。