遺言書作成や相続対策など、将来の相続に向けた準備

遺産分割、遺留分、相続放棄など発生した相続への対応の

両方について、ご相談、ご依頼をお受けしています

遺言書作成や相続対策など、将来の相続に向けた準備

遺産分割、遺留分、相続放棄など発生した相続への対応の

両方について、ご相談、ご依頼をお受けしています

遺言書作成・相続対策

「自身の死後、親族間で争いがないようにしたい」
「自分の財産を特定の人に相続させたい」
「自身の事業の承継をしたい」
「自身が亡くなった後の事務を信頼できる人に依頼したい」(死後事務委任契約)

など、遺言書作成・相続対策全般について、ご相談をお受けしています。
ご相談者様が望んでおられるプランを実現するためにどのような手段があるか、ご提案をさせて頂きます。

なお、ご自身が認知症などになった場合への対策については、成年後見・財産管理のページもご覧ください。
ご相談者様の今後について、総合的なサポートをご提案させていただくことが可能です。

個別の制度の説明などは、当事務所が運営する法律情報サイト「リーガルタウン」の各記事をご覧ください。

遺言書作成・相続対策

遺言書の作成や相続対策について、アドバイスをさせて頂き、適切な制度の利用をお手伝いします。詳しくは以下の説明をご覧ください。

「自身の死後、親族間で争いがないようにしたい」
「自分の財産を特定の人に相続させたい」
「自身の事業の承継をしたい」
「自身が亡くなった後の事務を信頼できる人に依頼したい」(死後事務委任契約)

など、遺言書作成・相続対策全般について、ご相談をお受けしています。
ご相談者様が望んでおられるプランを実現するためにどのような手段があるか、ご提案をさせて頂きます。

なお、ご自身が認知症などになった場合への対策については、成年後見・財産管理のページもご覧ください。
ご相談者様の今後について、総合的なサポートをご提案させていただくことが可能です。

個別の制度の説明などは、当事務所が運営する法律情報サイト「リーガルタウン」の各記事をご覧ください。

遺産分割・遺留分・相続放棄など

・「親族間の仲が悪く、遺産の分割が進まない」
・「どうしても自身が引き継ぎたい遺産(例えば自宅など)がある」
・「介護などでずっと苦労してきたのに、他の相続人と同じ扱いをされるのは納得がいかない」
・「遺産(の一部)を使い込んでいる人がいる」
・「お墓の承継について意見がまとまらない」
・「遺産としてどのようなものがあるのか、わからない」
・「(兄弟姉妹の相続などで)相続人がはっきりしない」
・「相続人の中に行方不明者・判断能力のない方がいて手続きが進まない」

など、遺産分割を行うにあたっては、様々な問題が発生することがあります。

また、事案によっては

・「借金・債務があるなどの理由により、相続を拒否したい」
・「亡くなられた方の「債権者」から突然連絡が来て困っている」
・「亡くなられた方が滞納していた税金の督促状が届いた」

という問題が起こることもあります。

さらに、遺言のあるケースでも

・「遺言に書かれていることを実現するためにはどうしたらよいのか」「手続きがわからない」
・「遺言が無効なのではないかという疑いがある」
・「遺言が複数あってどうすればよいかわからない」
・「自身の何の権利もないのはおかしい」(「遺留分があるはずだ」)

などの問題が発生することがあります。

これらの問題以外にも相続の場面では、様々な問題が発生することがあります。

当事務所の弁護士は、ご相談、ご依頼を受け、必要な調査を行い、採るべき手続きをご案内し、代理人として活動を行います。不利益が生じないように、弁護士が必要なサポートを行います。

個別の制度の説明などは、当事務所が運営する法律情報サイト「リーガルタウン」の各記事をご覧ください。

遺産分割・遺留分・相続放棄など

相続が発生した場合、遺産分割・遺留分・相続放棄などを検討する必要があります。相続において不利益を受けないようにするために、必要な制度をご説明し、サポートをさせて頂きます。詳しくは以下の説明をご覧ください。

・「親族間の仲が悪く、遺産の分割が進まない」
・「どうしても自身が引き継ぎたい遺産(例えば自宅など)がある」
・「介護などでずっと苦労してきたのに、他の相続人と同じ扱いをされるのは納得がいかない」
・「遺産(の一部)を使い込んでいる人がいる」
・「お墓の承継について意見がまとまらない」
・「遺産としてどのようなものがあるのか、わからない」
・「(兄弟姉妹の相続などで)相続人がはっきりしない」
・「相続人の中に行方不明者・判断能力のない方がいて手続きが進まない」

など、遺産分割を行うにあたっては、様々な問題が発生することがあります。

また、事案によっては

・「借金・債務があるなどの理由により、相続を拒否したい」
・「亡くなられた方の「債権者」から突然連絡が来て困っている」
・「亡くなられた方が滞納していた税金の督促状が届いた」

という問題が起こることもあります。

さらに、遺言のあるケースでも

・「遺言に書かれていることを実現するためにはどうしたらよいのか」「手続きがわからない」
・「遺言が無効なのではないかという疑いがある」
・「遺言が複数あってどうすればよいかわからない」
・「自身の何の権利もないのはおかしい」(「遺留分があるはずだ」)

などの問題が発生することがあります。

これらの問題以外にも相続の場面では、様々な問題が発生することがあります。

当事務所の弁護士は、ご相談、ご依頼を受け、必要な調査を行い、採るべき手続きをご案内し、代理人として活動を行います。不利益が生じないように、弁護士が必要なサポートを行います。

個別の制度の説明などは、当事務所が運営する法律情報サイト「リーガルタウン」の各記事をご覧ください。

事務所アクセス
弁護士紹介
弁護士費用

お問い合わせ

南池袋法律事務所へのお問い合わせは、お電話、LINE又は以下のお問い合せフォームをご利用ください

平日10:00〜19:00以外の時間帯は電話に出られないことがあります。
電話がつながらない場合は、お手数をおかけして申し訳ありませんが、LINE又は以下のお問い合わせフォームをご利用ください。

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合わせの詳細 必須

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)をご確認いただき、同意の上、ご送信ください。

メールフォームからの営業のご連絡はお断りしております。

予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

お問い合わせ

お電話、LINE又は
以下のお問い合せフォームを
ご利用ください

平日10:00〜19:00以外の時間帯は電話に出られないことがあります。
電話がつながらない場合は、お手数をおかけして申し訳ありませんが、LINE又は以下のお問い合わせフォームをご利用ください。

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合わせの詳細 必須

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)をご確認いただき、同意の上、ご送信ください。

メールフォームからの営業のご連絡はお断りしております。

予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。